エクササイズで最大限の効果を得るためのポイント

エクササイズを生活に取り入れて

ストレス発散効果やリフレッシュ効果を実感して、満喫している人は多くても…

思ったより体重は減らない…、もっと痩せの効果を実感したい…と思っている方が多くいます。

リフレッシュ効果を実感できることも素晴らしいことですが、せっかくなので自分のほしい体も手に入れたいですよね!

ヨガでも筋肉トレーニングでもすべてのエクササイズにあてはまる大切なポイントをまとめました。

ちょっとした簡単なことを意識して、エクササイズの効果を最大に実感しましょう!

エクササイズの前後に食べるものを注意

よく運動前の空腹解消のためにバナナを食べているひとおにぎりを食べている人がいますがこれらは控えましょう

そしてスポーツドリンクも極力避けたほうが良いでしょう。

なぜならそれらに含まれる成分の多くは糖質だからです。体はエネルギーとしてまず糖質を燃やし、糖質を使い切ってはじめて脂肪を燃焼させます。

ですのでエクササイズの前後に糖質を摂ってしまうと、運動して消費したエネルギーが帳消しになるばかりかせっかく脂肪が燃えようとしてしまうのを邪魔してしまいます。

一日中ハードな練習をしているアスリートであれば、筋肉を素早く回復させるためにバナナやスポーツドリンクを摂取するのは有効ですが、普通の人で1~2時間のエクササイズであれば必要ありません。

エクササイズの前後1時間は炭水化物の摂取を控えましょう!

運動前にお水を飲みましょう

よく運動中にお水を飲む方はいますが、おすすめはあらかじめ水を摂取しておくことです。

水を飲むことで代謝がよくなります。運動中に喉が渇いてから飲むより、始める前から飲む方が毒素の排出効果も高められておすすめです。

運動をし始めた最初から代謝がいい状態に体をもっていってダイエット効果を高めましょう!

常温でコップ一杯ほど摂取しましょう!

ダイエットを意識して食事量を減らすのはNG

ダイエットを始めて、カロリー制限をしたり、食事量を減らすのはやめましょう。

押さえるべきはカロリー制限ではなくて糖質を制限することを意識です

なぜなら体はエネルギーとしてまず糖質を燃やし、糖質を使い切ってはじめて脂肪を燃焼させるからです。

食べないで痩せようとすると、体は少ないエネルギーを効率よく使うため、筋肉を捨てようとします。そうするといくら鍛えても筋肉はつきづらく、エネルギーも燃えにくい体になってしまいます。

とくにタンパク質は筋肉や体をつくるうえで欠かせない重要な栄養素です。

食事量を減らすことでタンパク質の摂取まで減ってしまうのは避けたいことです。

カフェイン摂取で脂肪を燃焼

カフェインを取ることによってリパーゼという消化酵素の働きが高まります。よって脂肪燃焼を早めてくれます。
このリパーゼの働きを運動前から高めておくことで運動を始めてすぐから、脂肪燃焼を行うことができるのです。
無糖のカフェインが含まれている飲み物を運動の30分前に飲むのがおすすめです。
私は珈琲が大好きなので珈琲を飲みますが、くれぐれもミルクや砂糖をいれないようにしましょう。
ほかには紅茶、緑茶などカフェイン入りのドリングはあるので好みでぜひ飲んでみてください。

日常の隠れ糖質を控えよう

なかなか体重が減らない、筋肉はついても脂肪がなくならないという方は、糖質を減らしましょう。食事で一切糖質を摂らない、なんて極端なことをしなくても日常の食べ物をちょっと意識するだけでも効果抜群です。

たっぷり果物がメインはNG

体にいい酵素や栄養素がそのまま摂れる、ということで果物を積極的に取り入れている方は多いです。果物はビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、血糖値に影響はないと言われています。味もおいしくて大好きな方もたくさんいますね!

なので美と健康のために食べる意識の女性も多いのですが、やはり食べすぎには注意したいです。血糖値が急激に上昇しないという他の糖質とは違いあるものの糖質は糖質です

朝食などで果物をたっぷりとっているという方は、量を減らしましょう。

また果物に含まれる果糖の摂りすぎがすい臓への悪影響があると言われています。

アメリカではフルータリアンと呼ばれる果物食主義者がヘルシーなダイエット法と注目をあびましたが、多くの体調悪化の声があがり、すい臓が壊れるぐらいダメージを受けていたという例が多くでました。あのスティーブジョブスもフルータリアンで56歳の若さですい臓がんでなくなってしまいました。

お皿をたっぷりのフルーツと聞くとヘルシーそうで聞こえはいいですが、少量にしましょう。

果物100%フルーツジュースを飲んでいる

同じく果物系の大人気商品。

手軽に栄養もミネラルもとれて、ヘルシーで筋トレ前後や日常で飲んでいる方も多いと思いますが、控えましょう。

これらのフルーツジュースは生産の過程でビタミンCなどの抗酸化物質も減り,栄養素も食物繊維もすっかり抜けています。

果物100%といっても摂取できるのはほぼ糖質なので、日常でよく飲む方はやめてみるだけで、糖質の摂取を押さえられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか??すこし意識すればすぐにできることを中心にまとめました。

エクササイズの習慣がつくことが素晴らしいことです!

エクササイズの効果をしっかり受け取りモチベーションアップに繋がったら幸いです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする