ピラティスについて

いま、体と心を整えるメゾットして、ピラティスとヨガの人気があがっています。

ヨガとピラティスは似てるようで全くことなるメゾットです。

こちらのページではピラティスについてみてみましょう!

ヨガについてはコチラです↓

健康志向の方に好まれているヨガ。 ヨガはダイエットを始め、リラックスやストレス発散目的で始める方が多くいます。社会人の方を中心に人気習...

ピラティスの歴史

1880年ドイツのデュッセルドルフ近郊で生まれジョセフ・ピラティスがいました。彼が考えだしたメゾットで彼の名前がメゾットの名前になっています。

ジョセフ・ピラティスは病弱な少年でした。

そんな彼は幼い時から自分の体の体質改善と体力増加の為に、ボディービルや器械体操、レスリング、ヨガ、ボクシング、スキー、ダイビングなどといったあらゆるスポーツに取り組み、とても鍛錬された魅力的な体となっていたそうです。

1914年に第一次世界大戦が勃発。ピラティス氏は、敵国の人間としてマン島の収容所に送られてしまいました。

収容所で看護師をしていたピラティス氏は、自身が治療した患者のリハビリを行うことに。

寝たきりで動くことが困難な患者に対して、マットレスのベッドに使用されているスプリングを使って体の動きをサポートしたり負荷をかけたりする方法を思いつきました。

そして健常な収容所仲間にもマットエクササイズを教えて、仲間の体を鍛えあげました。

その結果、1918年にイギリスでインフルエンザが大流行して数千人が死亡した際、彼がいた収容所内では誰ひとりインフルエンザにかかるものがいなかったのだそうです。

戦後は帰国してドイツ軍に従事したものの、アメリカへの移住を決意。

マンハッタンでピラティススタジオを開設することになりました。

その後ピラティスの効果は評価され続け、ハリウッドセレブのキャメロンディアスさんなども日常に取り入れてるとのことで話題になりました。今では気軽にできる素晴らしいエクササイズとして日本でも多くの方が日常に取り入れています。

ピラティスの効果

インナーマッスルを鍛えれらる

ピラティスは胸式呼吸を意識し、体幹を鍛えていきます。ジムにいって体を鍛えるのと違い体の表面の筋肉でなく奥のインナーマッスルを鍛えていきます。身体機能も大きく左右する最も重要な筋肉と言われています。

インナーマッスルを鍛えていくことで

●姿勢がよくなる

●基礎代謝があがる

●細かい筋肉がつき美しい体になる

●体力がつく

●お腹がぺったんこになる

●けがをしにくい体をつくる

●免疫力があがる

というメリットがあります。

一般的にジムで鍛える筋肉(アウターマッスル)とインナーマッスルの違いをまとめました。

アウターマッスル インナーマッスル
筋肉の部位 体の外側 体の深層部
筋肉の形 太くて大きい筋肉 細くて小さい筋肉
鍛えやすさ 鍛えやすい筋肉 奥にあるので鍛えづらい
特徴 瞬発力がある筋肉 持久力がある筋肉
その他 ケガをしやすい ケガをしにくい

ピラティスでは普段鍛えずらいインナーマッスルを鍛えていくことができます。

骨盤低筋群という体の上半身の一番下の筋肉(膣)も鍛えていくことによって、尿漏れ改善の効果もあります。

体の奥の筋肉を鍛えることがメインなのでムキムキにはならず、細くしなやかな筋肉を手に入れることができます。派手な動きやはじめてすぐに大きな変化は現れないですが続けることによって大きな変化をもたらします。

特にピラティスをするとお腹がぺったんこになります。

体幹を鍛えることで体に芯ができ、疲れづらい体になります。長時間椅子に座って仕事するにもおすすめです。ずっと座っていることでかかる腰への負担もが軽減され腰痛の改善にも効果的です。

ピラティスの精神的効果

ピラティスの意味は、エクササイズであるとともに、精神の解放にあります。
肉体を動かし、その動きに意識を向けることで自分の肉体を見つめ直すことができ、それを通して健康への目覚めが起こります。
集中してエクササイズを続けることで、無心になることができ、ストレスから解放されます。

ピラティスの実際に体験してみて方の感想

ピラティスをしているかたのリアルな意見を集めてみました。

はじめはとてもきつかった。

グループのレッスンに全くついていけず、終わったころはぐったりしていたが、無理せずできるところまでしてました。

ハンドレッドというお腹を鍛えるエクササイズがあるのですが30回するのが限界でしたが気付いたら100回できるようになりました。

徐々に確実に変わる身体を実感できてやりがいがあります

(20代会社員女性)

背骨の骨をひとつひとつ意識したり、足の上げ下げで体の奥を丁寧に意識したりで自分の体の感覚を感じることができるようになりました

(30代会社員女性)

ピラティスを日常に取り入れてから、体も心も調子がよくなりました。

普段の事務仕事のときも疲れを前より感じなくなりました。リフレッシュタイムです。

(20代会社員女性)

尿漏れに悩んでいましたが改善されました。

(60代女性)

ピラティスの教室に行かなくても家でもできるので気に入っています。スペースもマット一枚分あればどこでもでき、生活に取り入れやすいのがいい

(30代専業主婦)

体が意識で変わるということ実感できた。ピラティスでは奥の筋肉を鍛えるのではじめはこんな小さな動きで効果あるの?と感じたこともありましたが、インストラクターのいうことを意識して行うときつくて驚いた。

(30代専業主婦)

気づいたらお腹にくびれができてて嬉しい

 (40代会社員女性)

ほんの一部ですが、集めてみました。

嬉しい効果がたくさんあります。

ピラティスをはじめてしなやか美BODYと健やかな心を手に入れましょう!!

まとめ

●インナーマッスルを鍛えて、しなかやで美しい体をつくることができる

●胸式呼吸を意識し、体幹を鍛えていき、精神の解放を目的とする

●免疫力があがり、健康になる

●おなかの引き締めに効果的

●家でも気軽できるメゾット

以上、さまざまな魅力があるピラティスです。

体を鍛えるだけでとどまらず、忙しい現代社会をいきる私達

ただいま全国にピラティス教室があります。自宅で簡単に行うこともできますのでぜひ取り入れてみてください♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする